GOLDEN WOLVES

ゴールデンウルヴスについてGolden Wolves Fukuoka

私達は創意工夫しながら、
時代に適応し、進化を続けます。

OWNER
泉 可也Izumi Yoshiya

ゴールデンウルヴス福岡も2年目に突入しております。昨年は選手のみんな、関係者の皆様のご尽力もありまして「2勝」することが出来ました。望外の喜びであり勝利自体は嬉しいものではありますが一番良かったのは「勝利までの『プロセス』」をチーム関係者と共有できたことでしょうか。

2年目に併せてチームの運営方針も少し変えたいと考えております。

昨期はJHL参戦初年でありチームの運営もバタバタでありました。チーム関係者、特に裏方を支えてくれるスタッフは非常に苦労しました。そして今期もバタバタです(笑)。
そういった中で選手の皆様には少しずつ農業に向き合えるよう環境整備を行っていきたいと思います。今試行しているのは新しい農業です。 大事な話を少しだけ。実は農業の定義が変わってきているのです、泉はまさにその中心にいます。

新しい農業はCO2の固定を介した有機物の生産と定義されます。
焼却炉等から排出されるCO2を工業的に回収してCO2と水素からグルコースを作る。グルコースとは植物が太陽の光を使ってCO2から作る糖質です。生物はこのグルコースをエネルギーとして利用し活動しています。
CO2と水素から糖質を作る活動は「新農業」というカテゴリーになります。CO2の増加に伴う大規模気候変動を抑制する手段としてこのCO2の回収固定化は非常に重要な活動になってまいります。世界的な人口爆発のために耕作地が減ることが予測されています、土地が無くても食料を作ることができる新農業は無限の可能性があります。

ウルヴスの選手の中でも少しずつこの「新農業」にチャレンジして欲しいと思います。
選手を引退してからはこの新農業を世界で実施していく方も出てきて欲しいと切に願っています。やりがいはある仕事です。
もちろん、今までの土、水に触れあう農業についても少しずつ拡充できればと思います。天空の城ラピュタでは高度な文明を持っていた古代人がなぜ地上に戻ってきたのかをヒロインのシータが語っています。人間というものは土や水などから離れては生きていけないのだと・・。
人間である以上自然というものからは離れられないということでしょう。糸島や福津の「土」で作った野菜を子供たちに食べてもらいたい、経済的に恵まれない子供たちにも可能な限り食事を提供できれば・・。狼食堂です。コロナの影響により狼食堂はまだ開設にはいたっていませんが、早期に開設したいと思います。

子どものころ近所の川で「しじみ貝」を採って朝の味噌汁の具にしていました。夕方に翌朝のしじみ貝を採っていると「貧乏人」と学友に馬鹿にされたのですが、一緒に採っていた父がすごく楽しそうにしじみ貝を採るので不思議と恥ずかしくもなく、むしろ楽しかった記憶しかありません。
このコロナ禍でウルヴスの練習環境は恵まれてはいませんし、チーム財政も決して潤沢とはいえません。「貧乏です」はい。加えて選手は通常業務の後に練習ですから体力的には非常にきついのですが、それが悲しいとか辛いとかいう思いはもたずに創意工夫をしながら、楽しくやって行けたらと思うのです。

進化学上は「強いものが生き残るのではなく『適応できたもの』だけが生き残る」のです。35億年の生物の歴史がこれを証明しています。ウルヴスは今後も進化を続けると思います、皆様にはどういった進化の形態をとるのか一緒に見続けて行って欲しいと思います。
コロナ禍で大変な思いをされている方も多い状況下ではありますが、引き続きご指導ご鞭撻をいただきますれば幸甚に存じます。

末筆ながら、皆様の今後のご多幸をお祈り申し上げます。

ゴールデンウルヴス福岡 オーナー 泉可也

夢を持つということ。

GM
濵﨑 剛Hamasaki Tsuyoshi

私は、ゴールデンウルヴス福岡代表取締役兼チーム監督である山中さんとは、家族ぐるみで長いお付き合いをさせていただいており、一緒に余暇を楽しむ友人でもあります。
山中さんとのこのような関係性の中から、ゴールデンウルヴス福岡のオーナーである泉さんともご縁をいただくこととなり、この度ゴールデンウルヴス福岡のGMという大役をお任せいただく事となりました。
GMという仕事は未経験ということもあり、至らぬところも多くあろうかと思いますがご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、突然ですが、皆様は夢をお持ちでしょうか。
「夢」という言葉は、少々くすぐったい部分もありますが、「大志を抱く」「10年後の未来を描く」「幸せになりたい」などいろいろな言い方があると思います。また「夢」というものは、大きな夢、小さな夢、いろいろありますし、それはひとつである必要もありません。

私は以前、新卒新入社員という人生の大きな区切りに立った方々に、こんなお話をさせていただいたことがあります。

夢を持っているか?
そんな大層なもんでもないぞ。
今晩仕事終わったらうまいラーメン喰いてぇなぁでもいいんだぞ。
その次の日はもっとうまいラーメン喰って、その次の日はもっともっとうまいラーメン喰って・・・。
それを繰り返してるうちに気が付いたら日本で一番うまいラーメン屋にでもなってるかもしれないぞ。
さあ、あなたにとってのラーメンとは何だ?

ゴールデンウルヴス福岡は、そんなことを繰り返し繰り返し行ってきて夢を追いかけてきたチームです。
選手たちはハンドボールだけなく農業との融合にもチャレンジしております。しかしこれは多くのスポンサー様や指導者達、そしてファンの皆様の支えによるものであり、決して感謝なしに語ることはできません。

彼らはまだまだ夢の途中です。
しかし、私の中でゴールデンウルヴス福岡が日本一になる事は決定しています。なのであとはたどり着くだけです!

しんどい?
あったりまえだ。うまいラーメン喰って、今日は寝ろ。
そんで、明日からまた頑張ろうや!

繰り返しにはなりますが、この度、ご縁あってGMを仰せつかりました。
先ほども申しましたがGMという仕事は未経験。齢五十にして新人です。 なんとも心躍る話です。
まだまだ至らぬところもあろうと思いますが、関係各位の皆様、ご支援・ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウルヴス福岡 GM 濵﨑 剛

PAGE
TOP